占いで相性チェック 相性が悪い彼とは別れるべき?

どのような占いでも、相性が悪いと判別させたならば、別れるか別れないか顕著に決めるべきです。合わない人は何をしても合いません。仮に九星気学で相性を占ったならば、当たる可能性は高めと言えます。例えば一白水星(いっぱくすいせい)の人と九紫火星(きゅうしかせい)の人同士は相性が最悪です。理由は相生(そうしょう)の関係でも良くないと見られるからです。一白水星は水と見做され、九紫火星は火と判断されます。陰陽五行(おんみょうごぎょう)において水は火に勝ち、火は水に劣るのがポイントです。九紫火星は一白水星に痛めつけられます。

占いでは相性は重視されます。属性や星座、生まれ歳でも判断されますが、先に挙げた通り九星気学による占いで、彼氏との相性が良くないと指摘されて、実際に仲も良くない、術者からも当てられたなら、別れる必要はあります。理由は何をしても相性が良くない相手とは、良くないままだからです。

他にも星座占いでは、魚座と水瓶座は相性が良くないとされます。魚座は情緒や感情的な一面がありますが、水瓶座は知性的で冷たい傾向があるのが印象的です。魚からしたらその知性や冷静さが理解できず、「なんて冷たい人はだろう」と思いがちになります。水瓶からしたら情に流されやすい魚を甘いとか、動じやすいなどと見做しますが、感情タイプと知性タイプはまず合いません。一例ですが、全ての人が当て嵌まるとは限らないですが、目安として使えます。
電話占いSATORI(サトリ)で当たる先生は?料金や鑑定内容の口コミ・評判を徹底解析!はこちら