詳しくわかる!十二支(干支)占いの性格と相性

干支占いとは干支を利用して基本的な性格や相性を占うものです。干支占いによる性格を子から亥まで解説し、得に相性のよいもの、悪いものを説明します。
占いによる性格を挙げます。子年は社交的で頭の回転が早く知性的な方が多いです。参謀が向いています。丑年は頑固ですが辛抱強い保守派です。一度心を開けば誠実で我慢強いタイプです。寅年は独立心の強い自信家です。誠実な一面もあるため協調性をもつ努力をすると吉です。卯年は人当たりがよく影響を受けやすいタイプです。争いごとが苦手で言いなりになりやすいため人を見極めることが大切です。辰年は上昇志向をもった野心家です。ただ、最後にモチベーションが下がりやすいため、最後まで諦めない姿勢をつけることが強運を引き寄せます。巳年は金運と健康運に恵まれた努力家です。自立心が強いため、適度な距離を保ってくれる相手が必要です。午年は行動力はあるが小心者です。精神面をタフにし、挑戦できる環境を整えることが運気を呼び込むコツです。未年は温厚で平和主義な頑張りやです。芯が強い方が多いため、いざと言うときに頼りになります。申年は要領が良くて社交で世渡り上手です。流行に敏感でトラブル対処能力に長けています。酉年は理想が高くて話好きです。話術に長けており流行に敏いため、先見の明を活かすポジションを獲得することで理想的な人間関係を築くことができます。戌年は、誠実だけどお調子者です。ブレーキ役になってくれるパートナーを見つけることが成功の鍵です。亥年は物怖じしない反面変化球に弱いです。臨機応変に対処する能力が求められます。
占いによる相性は干支を順に円形に並べたときに現れます。良い相性としては子と丑、亥と寅などは支合といい協力し合える相性で自身の支点から三角形についないだ三合は短所を補い合える相性です。悪い相性としては申と寅など正反対に位置しあって長所を打ち消す七沖などがあります。

http://uranai-veruni.xyz

占いで相性チェック 相性が悪い彼とは別れるべき?

どのような占いでも、相性が悪いと判別させたならば、別れるか別れないか顕著に決めるべきです。合わない人は何をしても合いません。仮に九星気学で相性を占ったならば、当たる可能性は高めと言えます。例えば一白水星(いっぱくすいせい)の人と九紫火星(きゅうしかせい)の人同士は相性が最悪です。理由は相生(そうしょう)の関係でも良くないと見られるからです。一白水星は水と見做され、九紫火星は火と判断されます。陰陽五行(おんみょうごぎょう)において水は火に勝ち、火は水に劣るのがポイントです。九紫火星は一白水星に痛めつけられます。

占いでは相性は重視されます。属性や星座、生まれ歳でも判断されますが、先に挙げた通り九星気学による占いで、彼氏との相性が良くないと指摘されて、実際に仲も良くない、術者からも当てられたなら、別れる必要はあります。理由は何をしても相性が良くない相手とは、良くないままだからです。

他にも星座占いでは、魚座と水瓶座は相性が良くないとされます。魚座は情緒や感情的な一面がありますが、水瓶座は知性的で冷たい傾向があるのが印象的です。魚からしたらその知性や冷静さが理解できず、「なんて冷たい人はだろう」と思いがちになります。水瓶からしたら情に流されやすい魚を甘いとか、動じやすいなどと見做しますが、感情タイプと知性タイプはまず合いません。一例ですが、全ての人が当て嵌まるとは限らないですが、目安として使えます。
電話占いSATORI(サトリ)で当たる先生は?料金や鑑定内容の口コミ・評判を徹底解析!はこちら