消費者金融の「売上」はどの部分のお金を指すのか

消費者金融会社も営利法人であるため、何らかの形で売上を得なければ営業を続けていくことはできません。売上が少なくなるということは顧客に貸し付けるお金の原資が減ることを意味し、状況を改善できなければ、同業他社との合併や自主廃業を選択しなければならず、最悪のケースだと経営破綻に至るおそれがあるからです。

消費者金融の売上で大きな部分を占めているのは利息です。消費者金融審査甘いランキングと比較されることが多い銀行や信用金庫では、顧客からあずかった預貯金を様々なところに運用することによって利益を出していますが、そのような方法をとることができない消費者金融にとって、利息収入は非常に重要です。

しかし、2000年代後半に入り、貸金業法や出資法、利息制限法の規制が厳しくなったため、現在では利息収入だけでは消費者金融の経営が成り立たなくなっています。このため、消費者金融会社では個人向け貸付の事業のノウハウを応用し、違う事業に進出していって売上を得ています。

例えば、信用保証業務がその代表例といえます。これは、金融機関からの委託を受けて、ローン商品に申し込んできた人の与信審査を行い、ローン契約を締結した後は借主の連帯保証人として振る舞う業務で、契約締結時に金融機関を通じて借主から受け取る保証料が収入源となります。大手の消費者金融会社は、複数の金融機関から信用保証業務の委託を受けており、利息からの売上よりはずっと少ないものの、重要な収入源となっています。